住宅用蓄電池が買い時になるまでスタンバイしよう

2015年5月にテスラエナジー(テスラモーターズ)が、価格破壊をしかけた壁掛け式蓄電池、パワーウォール6.2kWh3000ドル約33万円)。英米の他の独立系メーカーもこの路線で屋内型蓄電池を販売し始めています。

鉛蓄電池の相場ですら、1kWhあたり約8万円ですから、パワーウォールが如何に安いかわかります。

これまで蓄電池というと200万円前後、補助金が利用できた場合でも自己負担額が100万円近くかかると思われてきましたが、テスラのようなバッテリの量産が可能になれば蓄電容量1kWあたり5万円程度となり、一般家庭用の4~8kWなら20~40万円が相場になってきます。

2016年になっても、既存の国内蓄電池メーカーがテスラに追随するような報道はみかけませんが、現在の相場価格はどうなっているのでしょうか。

リチウムイオン蓄電池2015年の相場蓄電容量5kWhに対して約110万〜150万円と言われてきました。つまり1kWhあたり22万~30万円。テスラの大量生産と出荷が注文に追いついていれば、商売が成り立たないところですが、生産が本格化するのは2017年になる模様なので、まだ蓄電池市場は大きく動いていません。

メーカー各社の製品サイトでも、希望小売価格などに変化がほとんど見られませんので、2015年の補助金の算定に使われた値を見てみましょう。

A値とは、市場価格などを考慮して国が年度ごとに設定した基準価格B値は3年後の目標価格です。2016年度からはこの計算は不要ですので詳述しませんが、実際の購入価格がこのA値B値に比較してどのあたりにあるかで、補助金額が決定していました。

A値を少し下回る価格が一番補助金が高くなるようにできているので、2014~2015年の蓄電池の相場価格はA値に近かったと言われます。一番適用されることが多かったと思われる、(A値B値) x 2/3 で補助金額を計算してみました。自己負担額A値から補助金額を差し引いたものになります。

2015年に補助金を利用して蓄電池を購入した場合の費用

メ-カ- エリーパワー オムロン 京セラ
製品 EPS-11Power iE6 EPS-11BE KP48S2-PKG-MM3
KP96S2-PKG-MMBOmron6.4kWh
EGS-LM72BI
EGS-LM144BIKyocera EGS-LM72ABIII
蓄電容量 6.2kWh 6.5kWh
13.0kWh
7.2kWh
14.4kWh
寸法・質量 910 x 310 x 1060mm
186kg
406 x 165 x 640mm
60kg
900 × 1250 × 345mm 202kg
上記 x 2, 202+187kg
設置場所 屋外 屋内、壁面床置き 屋外
寿命 12000サイクル10年
充放電後80.1%維持
8000サイクル
充放電後60%維持
6000サイクル10年以上経過で80%維持
2015年
A値
131.2万円 133万円(6.4kWh) 147.2万円(7.2kWh)
262.4万円(14.4kWh)
1kWh当り 21.2万円 20.8万円 20.4万円(7.2kWh)
18.2万円(14.4kWh)
補助金額 47.7万円 47.3万円(6.4kWh) 53.1万円(7.2kWh)
91.5万円(14.4kWh)
自己負担額 83.5万円 85.7万円 94.1万円(7.2kWh)
170.9万円(14.4kWh)
1KwH当り 13.5万円 13.4万円 13.1万円(7.2kWh)
11.9万円(14.4kWh)
B値 59.6万円 62万円(6.4kWh) 67.6万円(7.2kWh)
125.2万円(14.4kWh)
1kWh当り 9.6万円 9.7万円 9.4万円(7.2kWh)
8.7万円(14.4kWh)
メ-カ- 京セラ シャープ シャープ
製品 EGS-LM1201Kyocera EGS-LM1201 JH-WBP01SharpCloudBattery JH-WBP27/28SharpCloudBatteries
蓄電容量 12.0kWh 4.7kWh 9.3kWh
寸法・質量 1060 × 1250 × 300mm 226kg 700×250×1300mm 約160kg 650×360×705mm x 2
約115kg +約110kg
設置場所 屋外 屋外 屋外
寿命 4000サイクル
約11年
8000サイクル。
充放電後70%。
8000サイクル。
充放電後70%。
2015年
A値
224.0万円 107.2万円 180.8万円
1kWh当り 18.7万円 22.8万円 19.4万円
補助金額 78.7万円 39.7万円 64.3万円
自己負担額 145.3万円 67.5万円 116.5万円
1kWh当り 12.1万円 14.4万円 12.5万円
B値 106.0万円 47.6万円 84.4万円
1kWh当り 8.8万円 10.1万円 9.1万円
メ-カ- 長州産業 東芝ライテック NEC
製品 CB-LMK64A

CIC CB-LMK64A

ENG-B4425A2-N1
ENG-B6630A2-N1ToshibaEneGreen
ESS-003007C0

NEC7.8

蓄電容量 6.5kWh
13.0kWh
4.4kWh
6.6kWh
7.8kWh
寸法・質量 406 x 165 x 640mm 60kg 780 x 302 x 850mm 110kg
780 x 302 x 1000mm 138kg
980 x 300 x 1150mm 約150kg
設置場所 屋内 屋外 屋外
寿命 8000サイクル
充放電後60%維持
10000サイクル約27年。
充放電後、90%維持。
5500サイクル、約15年
2015年
A値
133万円(6.4kWh) 102.4万円(4.4kWh)
137.6万円(6.6kWh)
156.8万円
1kWh当り 20.8万円 23.3万円(4.4kWh)
20.8万円(6.6kWh)
20.1万円
補助金額 47.3万円(6.4kWh) 38.1万円(4.4kWh)
49.9万円(6.6kWh)
56.3万円
自己負担額 85.7万円 64.3万円(4.4kWh)
87.7万円(6.6kWh)
100.5万円
1kWh当り 13.4万円 14.6万円(4.4kWh)
13.3万円(6.6kWh)
12.9万円
B値 62万円(6.4kWh) 45.2万円(4.4kWh)
62.8万円(6.6kWh)
72.4万円
1kWh当り 9.7万円 10.3万円(4.4kWh)
9.5万円(6.6kWh)
9.3万円
メ-カ- NEC パナソニック フォーアールエナジー
製品 ESS-H-002006B2ANEC5.53 JB1156 Panasonic 5.6kWh EHB-240A040/04B4R EHB
蓄電容量 5.7kWh 5.6kWh 11.7kWh
寸法・質量 980 x 310 x 1065mm 約180kg 480×610×230mm
約68kg
1110 x 310 x 1050mm 280kg
設置場所 屋外 屋内 屋外
寿命 N/A 10000サイクル 4000サイクル、10年
2015年
A値
123.2万円 121.6万円 216.2万円
1kWh当り 21.6万円 21.7万円 18.5万円
補助金額 45.1万円 44.5万円 75.1万円
自己負担額 78.1万円 77.1万円 141.1万円
1kWh当り 13.7万円 13.8万円 12.1万円
B値 55.6万円 54.8万円 103.6万円
1kWh当り 9.8万円 9.8万円 8.9万円

いかがでしょうか。補助金がなければ1kWhあたりで20万円前後、補助金を利用した場合の自己負担額でも10万円以上。パワーウォールの7kWh前後の容量なら倍の価格であったことがわかります。

また、国が2017年の目標としたB値でさえ、1kWhあたり10万円近いので、このままではテスラのような量産品とは勝負にならないことがわかります。

テスラ・モーターズのEV、モデル3にバッテリー供給するPanasonicはテスラの米ネバダのの新電池工場、ギガファクトリーに総額1500億円規模の投資を予定していますが、住宅用蓄電池については、(創蓄連携システムで購入すると多少は割安になるものの)昨年度とあまり変わらない価格帯で販売中です。

いずれにしろ、太陽光発電は売電ではなく蓄電池とセットで考えるのが当たり前。これから太陽光パネルを購入したい世帯も含めて、アピールする製品が普及してほしいものです。というか、2015年当りから、7kWhタイプの高品質モデルが出揃って来ているので、キロワットアワー当り6万円前後まで降りてきてくれたら補助金などなくても「買い」ですね。できることなら、実効蓄電容量が10kWhぐらいのものなら、2、3日雨が降っても電力会社に依存せず楽々自給ですが(2~3人世帯の場合)。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください