太陽光発電システム導入の初期費用は今どれぐらい?

太陽光発電システム

太陽光発電システム導入のための国の補助金の交付は2014年11月で終了しましたが、その設備・工事コストは、補助金なしでも、ざっと普通車の新車一台が目安になるところまで下がってきました。(ただし、自治体によってはまだ補助金交付を行なっています。→「住宅用太陽光発電関連の補助金」)

現在、平均的な家庭で120万~200万円ぐらいの初期コストがかかると言われています。(蓄電池を購入しない場合です。)それでも、欧米の家庭用太陽光の導入コストと比較するとまだ倍なので、今後もどんどん低下することが見込まれます。 「太陽光発電システム導入の初期費用は今どれぐらい?」の続きを読む…

太陽光パネルの寿命とメンテナンス

太陽光発電や風力発電の設備は、法定耐用年数は17年が適用されます。

2011年ごろまでは、メーカーによる太陽電池モジュールの出力保証と太陽電池発電構成機器の保証は10年までが一般的でしたが、最近では外国メーカーでは出力25年のリニア保証が主流になり、国内メーカーでもステップ保証ではあるものの25年保証が増えてきました。機器保証も15年の保証もあります。 「太陽光パネルの寿命とメンテナンス」の続きを読む…

メーカー別 太陽光パネルの相場価格。モジュール枚数ごとに導入コストはどう変わる?

太陽光パネル(太陽電池モジュール)の相場価格は現在どれぐらいでしょうか。

電装機器や工事費を含めた実際の太陽光発電システムの導入コストを見てみると、太陽電池モジュールのメーカー希望小売価格よりも、2割~5割ぐらい安くなっていることがわかります。 「メーカー別 太陽光パネルの相場価格。モジュール枚数ごとに導入コストはどう変わる?」の続きを読む…