家庭の太陽光発電システムで作る電力量(kWh)はどれぐらい?

一般的な戸建住宅の屋根に設置される太陽光パネルはだいたい出力3~4kWh(キロワットアワー)で、メーカーが統計をとっている年間の発電量は3,500~6,000kWhになります。出力1kWh当たりの年間発電量は最低でも1,200kWhを超えている場合が多く、シミュレーションより多い1,300kWh超も計測されています。

1世帯の年間電力消費量は、2014年データで5,156kWh (2012年以降下落傾向)。 「家庭の太陽光発電システムで作る電力量(kWh)はどれぐらい?」の続きを読む…

太陽光パネルの種類とメリット・デメリット

太陽電池モジュールを構成する1つ1つのセルの素材には、単結晶シリコン、多結晶シリコン、薄膜シリコン、アモルファスCIGS(CIS)、有機半導体などがあります。

太陽電池の材料を分類すると、次の図のようになります。 「太陽光パネルの種類とメリット・デメリット」の続きを読む…

メーカー別 太陽光パネルの相場価格。モジュール枚数ごとに導入コストはどう変わる?

太陽光パネル(太陽電池モジュール)の相場価格は現在どれぐらいでしょうか。

電装機器や工事費を含めた実際の太陽光発電システムの導入コストを見てみると、太陽電池モジュールのメーカー希望小売価格よりも、2割~5割ぐらい安くなっていることがわかります。 「メーカー別 太陽光パネルの相場価格。モジュール枚数ごとに導入コストはどう変わる?」の続きを読む…